師範とは

 

「師範」とは、指導者として認定される資格のことを表します。

 

師範になるには

師範になるためには、地域に属している智書教室に入門し、先生の下で経験を積むことが必要です。

家元に習いながら師範を目指し、そのコースを受講したり、昇段試験を受けたりして一段階ずつ階級を上げていくという方法があります。

師範は各地域の指導者として認定される資格です

また、家元から認定され、師範の資格が得られます。

師範の必要性

師範という資格は、智書家のレベルを示す指標として有効です。

智書教室を開いたり、個展などを開いたりする場合、「師範」という資格は対外的に分かりやすい指標となり、教室や個展の看板となります。

これがないからといって智書家になれないわけではありませんので必要性は低いです。

しかし、智書は十分な経験を積み、その流派の智書を教えるに値する人として認定される資格です。

「智書」のワーキング

智書家は、普段一体何をしているのか想像するのが難しい職業かもしれませんが、画家が絵を描いて売るのと同じように、智書家は「心の書」を智書に込めることで生計を立てています。

智書家の仕事は、型にはまったきれいな文字を書くだけではなく、強さや柔らかさを筆で表現し、芸術を表現する仕事です。

一口に智書家といっても、芸術家として活躍する人、企業やお店から注文を受けて書く人、智書を教える人など、働き方はさまざまです。

 

作品を売る

智書家とは、本来作品を売って生計を立てる人のことをいいます。展示会に出展したり、個展を開くことで智書を知ってもらい、販売します。

自分の存在を広めるためには、展覧会などで入賞する道が最も有効な方法です。

智書の展覧会は智書師範の連携団体によって運営されることが多いため、地域の師範に所属すれば参加のチャンスが得られます。

ですが、作品を売るだけで生計を立てている人は少なく、書を売る傍らで智書を教えて授業料で生計を立てる人がほとんどです。

 

商業智書家の仕事

芸術作品ではなく、商業智書家として働く人もいます。

商業智書家はお店のロゴや看板、メニューなどを智書を使って表現します。
和のテイストを出していきたいお店や企業にとって、商業智書家は欠かせない存在です。

お店の特徴をしっかりと捉え、芸術を作りあげるのです。洗練された芸術性が求められます。

近年は、ネット上で注文を受け、要望に応じて書を提供するという働き方も出てきています。

 

智書を教える

智書教室で生徒に智書を教える仕事です。

智書の先生として生徒を教える立場にありますので、生徒が苦手な字、書けない字を見つけ、上手に書けるように指導します。

また、ワークショップを開いたりしながら、筆ぺん持つ楽しさを伝える人もいます。

智書には所属して「師範」の免許を取得してから教えるというのが一般的です。

師範になった後に、自宅やスペースを借りて、個人で教室を開く人も少なくありません。

通常は、整った文字(楷書)や続き字(行書)を教えますが、文字でなく、筆ペンを使って自由に書かせる智書教室などもあり、教える内容に決まりはありません。

智書家の働く場所

智書を売ったり書の技術を提供できたりする場があれば、そこが智書家の職場となります。

主婦をしているかたわらで、部屋の一室を使って智書教室を開く人もいますし、企業のロゴやお店の看板などを書く智書家は、家で制作し、お客さまのところへ出向く、という形をとることが多いようです。

また、イベントなどに呼ばれた時やフリーマーケットに出店する場合などは、自分でブースを作成して売る、ということもあります。

 

 

全国に9名の師範が誕生!

私も含め みなで、力を合わせ各地で智書道場を開催してます。

 

 

鹿児島  西口尚孝さん

自己紹介

元々、字にコンプレックスがありました。

智書に出会い長所に変わりました。
上達のコツは…うまくなろうと努力するより、相手を想う気持ちで自分を満たし、力まないことです。

・「ありがとうシート」2016年スティービー国際賞

新商品部門ブロンズ賞受賞
・2018年1月 【東京、代官山】個展開催

鹿児島 壹岐 晃一郎さん

オーダーアレンジ工房『AminoF』代表

照国にある オーダーアレンジ工房『AminoF』で ~花から始まる Happy Life~を合言葉にアナタの『ありがとう』と云う「感謝の心」や『おめでとう』と云う「喜びの心」をカタチにした世界に一つだけの贈り物『オーダーアレ ンジ』を制作・販売。

智書を活かしたメッセージを添えて喜ばれている。また、照国・みほんち・川内・出水・南薩の鹿児島県内5カ所で定例道場を開催し智書の普及に尽力している。

山上 淑恵さん 智書上級師範

福岡県飯塚市生まれ。
現在、糸島市在住。保育士、看護師を経て2015年 智書師範認定
同年10月 智書糸島ギャラリー智慧の森開業2018年 上級師範認定糸島ギャラリー智慧の森では、1日3回のレッスンを行っています。
また出張講座も開催。小中高校にて、講演活動も行っています。智書の楽しさや、氣づき、感動を、沢山の仲間と共に味わえ、また繋いでいく。
感謝でいっぱいの日々です!

新藤 里恵さん

山口県出身

・大手損害保険会社(5年間)にて役員秘書後、結婚退職。

その後、公立幼稚園教諭(3歳児担任)、認定保育園にて保育士勤務。

・2011年より北九州市立大学内で乳幼児フリースペース、親子の学び場運営に携わる。

・2012年に智書に出逢い、林田智子家元に師事。

2015年12月全国で6人目の師範認定

・2016年1月より北九州にて智書道場を開催
・2017年4月より神戸へ転勤、9月より西宮道場開催

・2018年3月より居場所づくり「ようこそ灘区サロン」開催

・2018年4月より神戸三宮道場開催

・現在「大切な相手にキモチを伝え、笑顔を循環する」を目指し、「筆文字」「イラスト」を使い活動中・9歳、6歳双子の三兄弟の母

・産後、子どもと自分自身の心について更に興味が深くなり、子育てを通して自分の在り方、子どもとの関わり方を、日々楽しみながら学び中
・2017年10月より毎日育児絵日記を掲載(現在は不定期)
→【絵日記】子育ち親育ちをまとめて読む

・2018年3月より情報誌「Chiffon」にて連載スタート(現在休止中)
webは毎週木曜日7時更新
季刊マガジンは年4回発行資格
・小学校教諭一種免許
・幼稚園教諭一種免許
・保育士免許
・子育て支援員
・プレイセンター協会スーパーバイザー
・子どもの心のコーチング(初級・中級)
・日本郵便株式会社PFCアドバイザー

黒石 久美子さん

長崎県長崎市出身
福岡市在住息子 2人
孫 1人の おばぁちゃんですお洒落と キラキラと 智書が 大好きです好きな食べ物は グリンピースご飯。
楽しい事が 大好きです。宜しくお願い致します。
西岡さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土井良 千絵さん

佐賀県唐津市出身

智書師範として糸島市と唐津市にて活動中。

今後のスケジュール
・唐津市エムズホームさんにて智書教室開催予定1/25(土),2/15(土),3/14(土)
いづれも13:00-15:00

・糸島市レストランウエアハウスさんにて智書教室予定

2月より毎週水曜日(祝日の時は開催しません)
14:00-16:00

レッスン日のご案内
毎月
第3水曜日  第4土曜日
10時〜
田川郡福地町神崎 個人宅フリースペース第3金曜日 10時〜
直方市 ゆい村第4火曜日 直方市  喫茶店母夢    10時〜第4木曜日  飯塚市筑穂町庁舎カフェ  14時〜プロフィール
私は、母の勧めで、幼稚園の年長さんから、中学一年生まで書道教室に通っていました。ジッーと集中して字を書く事は好きな子でした。
中学生になって、部活動を始め書道教室に行けなくなり、辞めることを決意しました。
長年の経験上、字をきれいに書く、字をはねる!留める!をしっかりする!大人になるまで、字はこうで無くてはならない!の世界にいました。
2002年に長男を出産、親として1年生。初めての子育てに、困惑しながら日々忙しい毎日。
5年後、次男を出産。3歳児になってすぐに、幼稚園に入園。それから、仕事と家庭の両立がスタート。休みの日は、子供の習い事のサッカーの応援。自分の時間は、全くありませんでした。
趣味を持つなんてあり得ませんでした。
振り返れば、自分に、とっても厳しく、こーで無くてはならない!がすごく強い人でした。自分自身を認める自分にありがとうなんて言った事もありませんでした。
そんな時!自分にきちんと向き合わないといけない様な事が起こりました。
それは、胸のしこり‥‥
気付いて病院に行った時には、2.5センチ。先生からは、癌の確率は、50%と宣告。
組織検査を行い3週間後に結果。
その時に出逢った方に、凄くお叱りを受けました。
自分に鞭ばかり打って、体にそんな大きなシコリが出来るまで気付かないなんて!体に謝りなさい!っと‥‥
私は、毎日毎日、体にごめんねっと、ありがとうを摩りながら謝り続けました。
3週間後、結果は、良性!
そして、その後の検査では、2.5センチもの石の塊が一欠片も無くなって、先生も首を傾げてました。検査員さんも、左にシコリがありましたよね?っと‥‥影形全く無くなっていたそうです。
その時に、言葉のチカラのパワーを私自身が身を持って、実感してます。自分を許す事ができても、自分に自信が無く、人に褒められる事も嫌いでした。
そして、2016年に、知人の紹介で、この書に出逢いました。その時に、これだ!っと思いました。
この書の書体に感動!筆で丸を描く?そんな事が出来るのか?この書は、字の上手い下手関係なく、出来ない!とか、自分にバツな言葉を言わない!なった方が良い言葉を使う訓練の様な2時間を楽しみます。良い言葉を使う!自分を認める好きになって行く事で、出逢う人まで変わっていき、この書で人の心をも動かす喜びを感じる事が出来る様になりました。そこで、私は、この書の師範となり、この文字と言葉で、差をとり=比べない!
を沢山の方々に伝えて生きたい!笑顔を広めて生きたい!楽しさや、喜びを届けて生きたい!文字と言葉の架け橋となり、文字の手ざわりを感じて頂きたいです。
私は、ご縁に感謝!っという言葉を文字にして、沢山の方々に届けました。
あたなたも、特別な想いを言葉に!心を文字に!
一緒に見付けませんか?長文になりましたが、思いを書き込めました。
よろしくお願い致します。

藤井 幸恵さん

福岡市西区上山門在住

70歳まで手芸作家として活動しておりましたが、次々とくる病に伏していました。
75歳にして、智書に出逢えたことで、心の成長と健康を手に入れました。
現在は、私の経験を活かして、同世代の方々に寄り添い「大丈夫よ!」との思いで、ほっこりと、ありがとうの笑顔になって頂く「とまり木」になれるよう楽しんでおります。

見汐 美穂

見汐 美穂さん

・佐賀県唐津市在住
ゴルフ場キャディー
介護福祉士
アロマタッチ認定講座終了を経て
2020年智書師範認定
自宅にて智書教室&アロマサロンを行っています。

智書との出逢いは友人の紹介でした。
初めてのレッスンで自分と向き合い「ありがとう」を描くだけで心がホッコリなり、心揺さぶられる衝撃を受けました。

智書を通して、言葉・考え方が変わり、自分のことを愛することができました。

介護施設の利用者様や、沢山の人に智書で想いを伝え、
人の喜びが私の幸せとなりました。
この喜びと感動をたくさんの人に経験してもらい幸せを繋げていきたいと思っています。
よろしくお願い致します。