基礎知識

師範とは

「師範」とは、指導者として認定される資格のことを表します。

師範になるには

師範になるためには、地域に属している智書教室に入門し、先生の下で経験を積むことが必要です。

家元に習いながら師範を目指し、そのコースを受講したり、昇段試験を受けたりして一段階ずつ階級を上げていくという方法があります。

師範は各地域の指導者として認定される資格です

また、家元から認定され、師範の資格が得られます。

師範の必要性

師範という資格は、智書家のレベルを示す指標として有効です。

智書教室を開いたり、個展などを開いたりする場合、「師範」という資格は対外的に分かりやすい指標となり、教室や個展の看板となります。

これがないからといって智書家になれないわけではありませんので必要性は低いです。

しかし、智書は十分な経験を積み、その流派の智書を教えるに値する人として認定される資格です。

「智書」のワーキング

智書家は、普段一体何をしているのか想像するのが難しい職業かもしれませんが、画家が絵を描いて売るのと同じように、智書家は「心の書」を智書に込めることで生計を立てています。

智書家の仕事は、型にはまったきれいな文字を書くだけではなく、強さや柔らかさを筆で表現し、芸術を表現する仕事です。

一口に智書家といっても、芸術家として活躍する人、企業やお店から注文を受けて書く人、智書を教える人など、働き方はさまざまです。

作品を売る
智書家とは、本来作品を売って生計を立てる人のことをいいます。展示会に出展したり、個展を開くことで智書を知ってもらい、販売します。

自分の存在を広めるためには、展覧会などで入賞する道が最も有効な方法です。

智書の展覧会は智書師範の連携団体によって運営されることが多いため、地域の師範に所属すれば参加のチャンスが得られます。

ですが、作品を売るだけで生計を立てている人は少なく、書を売る傍らで智書を教えて授業料で生計を立てる人がほとんどです。

商業智書家の仕事

芸術作品ではなく、商業智書家として働く人もいます。

商業智書家はお店のロゴや看板、メニューなどを智書を使って表現します。
和のテイストを出していきたいお店や企業にとって、商業智書家は欠かせない存在です。

お店の特徴をしっかりと捉え、芸術を作りあげるのです。洗練された芸術性が求められます。

近年は、ネット上で注文を受け、要望に応じて書を提供するという働き方も出てきています。

智書を教える

智書教室で生徒に智書を教える仕事です。

智書の先生として生徒を教える立場にありますので、生徒が苦手な字、書けない字を見つけ、上手に書けるように指導します。

また、ワークショップを開いたりしながら、筆ぺん持つ楽しさを伝える人もいます。

智書には所属して「師範」の免許を取得してから教えるというのが一般的です。

師範になった後に、自宅やスペースを借りて、個人で教室を開く人も少なくありません。

通常は、整った文字(楷書)や続き字(行書)を教えますが、文字でなく、筆ペンを使って自由に書かせる智書教室などもあり、教える内容に決まりはありません。

智書家の働く場所

智書を売ったり書の技術を提供できたりする場があれば、そこが智書家の職場となります。

主婦をしているかたわらで、部屋の一室を使って智書教室を開く人もいますし、企業のロゴやお店の看板などを書く智書家は、家で制作し、お客さまのところへ出向く、という形をとることが多いようです。

また、イベントなどに呼ばれた時やフリーマーケットに出店する場合などは、自分でブースを作成して売る、ということもあります。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

スポンサーリンク
simplecityレクタングル
simplecityレクタングル

フォローする